平和記念公園の禁煙化と国際会議場の喫煙所につきまして

2018年6月12日

 

広島市の平和記念公園が禁煙になるにあたり、
敷地内の国際会議場に喫煙所が設置されることについての抗議文書。

2018年4月1日に広島市に送付。

平和記念公園の禁煙化と国際会議場の喫煙所につきまして

日頃は市行政にご尽力いただきまして誠にありがとうございます。

平和記念公園の禁煙化と国際会議場の喫煙所につきまして、
要望をいたしたく筆を執りました。

私は昨年の6月に国際会議場で行われた日本肝臓学会に出席いたしました。
肝臓病撲滅のために日夜努力されている先生方の講演がなされ、
大変有意義な学会であり、素晴らしい学会にふさわしい会議場であったと、
今でも鮮明に覚えております。
行政の方々の賜物と存じております。

会期中二日間ほど、公園わきのイタリアンレストランに行き、
その途中、公園内を散策いたしました。
平和の鐘の前では、初夏の熱い日差しの中、
小学生の社会科学習が熱心に行われていました。
初めて訪ねた平和記念公園は、
文字通り平和そのものの光景で、
厳かな気分にもなる大変すばらしい公園と感じ入りました。

本日その公園が全面禁煙になったと知り大変うれしく感じました。
世界一の平和のシンボルである平和記念公園が、
タバコについても世界一の水準になったのだと。
もっとも昨年うかがったときには灰皿があることに気づかないくらいでしたが。

しかしながら、同時に国際会議場の建物内に
喫煙所を設置されたともうかがいました。
これには大変落胆いたしました。

国内外から世界最高レベルの有識者、研究者が一堂に会し、
世界最高レベルの議論がなされる国際会議場において、
全世界的に排除されてきている屋内喫煙を実施するなどとは言語道断であります。

間違いであってほしい。

この一言に尽きます。

行政の方々は、この世界一の平和記念公園と国際会議場を管理されている
ことを誇りに感じていらっしゃると思います。

その誇りを汚さないでほしい。
ご自分たちの誇りを輝かせてほしい。

そう願ってやみません。

全世界から非難を浴びている、タバコに関する日本の低水準規制に、
かてて加えて恥をさらすのに加担しないでほしいと心の底から思います。
国際会議場は世界のお客様がいらっしゃいます。
建物内喫煙の開始は、日本の恥を世界にさらすことになります。

能動喫煙と受動喫煙によってタバコに殺される人が、
一人でも少なくなることを目指している、
一国民の要望であります。