iQOS(アイコス)は害が少ないってほんと?

2018年6月12日

 

あれはまだ肌寒い3月下旬。

長大なプロジェクトが一区切りつき、
ベンダーさんとの最後の合同会議のあとの打ち上げ。

二次会のカラオケスナックでのことだった。

カラオケスナックは最高だが一点残念なのは?

そのカラオケスナックは、昭和の場末のスナックとは違って、
ステージがあって、スピーカーはBOSE。

ひとりで切り盛りしているKちゃんが照明係までやってくれる
音響・照明最高の本格派のカラオケスナックだ。

90点以上の高得点を取ると、
月間ランキングに書き入れてくれる。
それを目当てにくる常連さんも多い。

ただ一つ、昭和と同じで残念なのは、完全喫煙だ。

カウンターでもラウンジ席でも、
喫煙したい放題。

iQOSがはやりだしてから、
常連さんはどんどんiQOSに切り替えていた。

しかし、iQOSだろうと紙巻だろうと、
一人が吸えば、すべての空気が汚染される狭い空間だ。

喫煙者は全員iQOSだった

その日は、総勢23名だったので、
貸し切りにしてもらった。

貸し切りだったので、同僚とベンダー側ともに、
「禁煙でお願いね」と事前に言っておけばよかったものを、
つい言いそびれていた。

喫煙者は到着したとたん吸い始めたので、
止める暇がなかった。

喫煙者は4人。全員iQOSだった。

そのうち1人は、ぼくの会社の同僚。
3人はベンダー側の若ちょっぽの兄ちゃんだ。

ぼくの会社の同僚がiQOSにしたのは初めて知った。

「iQOSにしたんだ!?」って言ったら、
「俺も健康のためを思って」。

本気でそう思っているのか?ギャグじゃなさそう!?
と思ったら、頭真っ白になりパニックになり、
健康影響は変わらないよと言ってあげられなかった。

いまでも心残り。

その後iQOSの呼気に2時間曝露した。

紙巻と比べて刺激臭は格段に少ないと感じた。

しかし、新たな臭いが鼻に突いた。
吐き気を催す、
あの甘ったるい臭いの原因は何だったのか?

グリセリンか?

iQOSの呼気に含まれている成分はいったい何?

ぼくが一番気になったのは、吐き気を催すあの臭いだ。

吐き気臭もしくは催吐(さいと)臭とでもいうのか?

iQOS使用者の間では、
ポップコーン臭とか穀物臭と呼ばれている酸味のある臭いだ。

グリセリン蒸気の臭いで間違いないようだ。

iQOSは燃焼させずにニコチンを気化させるために、
タバコ葉にグリセリンをしみこませている。
そのグリセリンが気化している。

グリセリンは炭水化物なので、
加熱すると穀物の臭いがするというわけだ。
(正確には水酸基が一つ少ないプロピレングリコール)

ちなみにiQOS内部が汚れてくると、
酸っぱい臭いになる。

嘔吐やら吐物やらをほうふつとさせるこの機械は
忌避すべき代物でしかない。

iQOSの紙巻との違いは何?

iQOSの呼気には紙巻の3倍のアセナフテンが放出される。

アセナフテンは、染料原料、殺菌・殺虫剤が主な用途だ。
曝露していいことは何もない。

出典:禁煙科学 最近のエビデンス 2017/06

確かに紙巻に比べ格段に減っている物質もある。
アセトアルデヒド、一酸化炭素は減っているので、
刺激臭による気道過敏反応や窒息のリスクは減るのかもしれない。

iQOSは紙巻タバコに比べて害が少ないのか?

それは、わからない。

数十年たって、
iQOS使用者の死亡者数と紙巻タバコの死亡者数の
死因別分析などが発表されれば、
それをもって議論ができるのではないか?

しかし、どんなに疑わしくても、どんなにデータがあっても、
否定する人は否定する。

いずれにしても、そのときには時すでに遅しだろう。
すでに遅きに失した感も否めない。
フィリップモリスに完璧に侵食されている感じ。

ぼくはわからないものは慎重に対処すべきだと思うし、
受動喫煙で呼吸器がダメージを受けている者として、
紙巻にも近づかないだけでなく、
iQOSを含め加熱式にも近寄らないことに決めた。

何より思い出すだけで吐き気がする。

追伸

それにしても、この国の人はほんとに不思議だ。

BSEのときはあんなに慎重の上にも慎重にいったのに、
遺伝子組み換え作物をものすごく忌避するのに、
iQOSを筆頭に加熱式は害が少ないことを信じたがる。

どこに判断基準があるのかさっぱりわからん。

ま、そういう空気が流れたんだろうとは思うが。
大気汚染源だけにね。