世界のタバコ関連法令はどうなっているか?たばこ事業法は?

Tobacco act 国名で、検索してみた。

タバコに関連する法令はどうなっているか?

どの国も規制(Control, Legislation)しか出てこない。

しかし、世界になくて、日本にある法令。

それがTobacco Business Act(たばこ事業法)だ。

Tobacco Business Act(たばこ事業法)なんて調べた先進国中どこの国にもない。

上記リンク先、翻訳されてもいない。

さすがに恥ずかしくて翻訳できないか?

日本のタバコ関連法令:たばこ事業法

たばこ税のために、たばこ産業を保護しましょうという法律。

この法律によって厚労省が強く動けないと想像している。

こんな国はないのだ。

タバコは、普通の国なら、
健康・保健をつかさどる官庁によって
厳しく規制されるものなのだ。

たばこ事業法(たばこじぎょうほう、昭和59年8月10日法律第68号)とは、たばこ税の租税が財政収入に於いて財政収入の重要性に鑑み、たばこ産業と国民経済の健全な発展を目的とし、国内産原料用葉たばこの生産や買入れ・製造・販売・販売価格・健康に対するたばこ警告表示・広告に対する勧告などを規定する日本の法律。管轄は財務省。

日本の喫煙

健康増進法という骨抜き法によってでしかタバコが規制できない
このお粗末国家の体たらく。

本当に情けない。

日本の喫煙(にほんのきつえん)では、日本における喫煙の諸相について記述する。2003年(平成15年)に施行された健康増進法等により喫煙場所、喫煙者は減少している。原則禁煙を目指し健康増進法改正案の提出が見込まれるなど政府、民間ともに禁煙に向けて動いている。国内葉たばこ生産は縮小し、葉たばこ農家の人員は平成23年(2011年)の1万801人から平成30年(2018年)には4割が廃作して5081人に減少、葉たばこ農家は高齢化も進んでいる。喫煙の健康影響面では、平成24年(2012年)の厚生労働省資料によると日本における喫煙による死亡者は年間およそ12万人から13万人である。

米国のタバコ関連法令:Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act

最高パワーをFDAに持たせた2009年に出来た法律。

これによってアイコスを一網打尽にして、
米国で売らせないことができた。

FDAの許可を得るということは、
薬として認可されねばならず、
毒が許可されるはずがない。

紙巻より害が少ないという試験をして、
その結果、FDAから押し返された。

当たり前だ。

あんなのを受け入れるのは、
思考停止に陥っている
頭の悪い日本くらいなものだ。

The Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act, (Pub.L. 111–31, H.R. 1256) is a federal statute in the United States that was signed into law by President Barack Obama on June 22, 2009. The Act gives the Food and Drug Administration the power to regulate the tobacco industry. A signature element of the law imposes new warnings and labels on tobacco packaging and their advertisements, with the goal of discouraging minors and young adults from smoking. The Act also bans flavored cigarettes, places limits on the advertising of tobacco products to minors and requires tobacco companies to seek FDA approval for new tobacco products.

英国の喫煙

地方ごとにすべて職場の受動喫煙禁止の法律を整備して今に至る。

いまからさかのぼること10年前に成立している。

翻って、日本は、2018年6月東京でやっと飲食店の職場受動喫煙防止条例が通った。

その他の地方はまだだ。

国はもっとダメダメだ。

とにかく、遅い。

日本は、10年遅れ。

Tobacco smoking in the United Kingdom is prevalent among a sizeable, but continuously reducing minority of the population. Smoking is legally permitted, with certain conditions upon location arising from the bans enacted separately in England, Wales, Scotland and Northern Ireland. It has been argued that smoking puts considerable strain upon the NHS due to the health problems which can be directly linked with smoking. Successive UK Governments have endeavoured to reduce the prevalence of smoking. As part of this commitment, the NHS currently offers free help to smokers who want to quit.

—–

Smoking in workplaces and enclosed public spaces has been illegal since 26 March 2006 in Scotland, 2 April 2007 in Wales, 30 April 2007 in Northern Ireland and 1 July 2007 in England

フランスの喫煙

フランスは今から10年前に、
屋内を禁煙にする法律ができた。

思えば、15年前にパリに行ったときには、
すでに煙はなかったと思う。

日本の遅れが本当に目立つ。

Smoking in France was first restricted on public transport by the 1976 Veil law. Further restrictions were established in the 1991 Évin law, which contains a variety of measures against alcoholism and tobacco consumption. A much stronger smoking ban was introduced on 1 February 2007. Smoking in enclosed public places such as offices, schools, government buildings and restaurants is strictly prohibited. Law officials may enforce the laws with minimum fines set at €500.

ドイツの喫煙

ドイツは、屋内禁煙が徹底していない。

屋内禁煙は人口の40%のみだ。

喫煙室があったり、75平米以下のバーでは喫煙可。

ここはお手本にはならない。

Under federal law the manufacture, importation, distribution and advertisement of tobacco is regulated whilst the 16 federal states of Germany each have their own legislation regarding smoking in public places, which range from relatively weak regulations to full smoking bans in all licensed premises, childcare facilities, schools and governmental institutions. As of July 2016, nearly 40% of the German population live in a state which bans smoking in all restaurants, pubs, cafés and night clubs (Bavaria, North Rhine-Westphalia, Saarland). The other 13 states permit smoking in designated rooms or in bars with a floor area of less than 75 square metres.

According to a 2013 micro-census survey, 24.5% of the German population aged 15+ are smokers (29 percent of men, 20 percent of women). Among the 18- to 25-year-old age group, 35.2% are smokers.

カナダのタバコ関連法令:Tobacco and Vaping Products Act

カナダは、米国と同様に、
国民の健康のために、タバコとベイプ(電子タバコ)の規制法令がある。

これが本来あるべき姿だ。

日本国も、タバコ利権は手放し、
国民の健康のために全面的にタバコを規制してほしい。

この国も、
公共の福祉と公衆衛生の向上を第一に考える
普通の国家になってほしいものだ。

The Tobacco and Vaping Products Act (TVPA) was enacted on May 23, 2018, to regulate the manufacture, sale, labelling and promotion of tobacco products and vaping products sold in Canada. The former Tobacco Act was originally enacted in 1997 in response to the national public health problem posed by tobacco use. The Tobacco Act and its regulations have been a key component in advancing the government’s strategy to protect the health of Canadians from tobacco related death and disease.

オーストラリアのタバコ関連法令

オーストラリアのタバコ規制は厳しく、
タバコパッケージはグロいので有名。

グロいパッケージは、
店頭に並べたくなくなるだろうから、
コンビニで目に付くところにも置かなくなり、
市民権がはく奪されるのは必至。

グロい写真を載せることが決まるといいね。

Since the early 1990s, Governments in Australia have progressively enacted legislation to reduce the devastating impact that tobacco products and smoking has had on public health. As evidence of the health effects accumulated, health authorities and the media increased their pressure on governments to introduce tougher tobacco controls.

公共の場所での禁煙は、
国家として決まっているだけでなく、
地区、州ごとにも決まっている。

クイーンズランド州は相当に厳しく、
クリーンな州だ。

州都ブリズベーンを尋ねて、
どのくらいクリーンか見てみたいものだ。

ブータンのタバコ関連法令:Tobacco Control Act

最後に禁煙先進国ブータン。

ブータンは世界で唯一、タバコの販売が禁止の国だ。

タバコのない国のお手本と言える。

ただし、旅行者の持ち込みは許していたり、
最近になって罰の軽減など、なし崩しが起きているのは事実。

タバコは本当に恐ろしい。
絶対に吸わせろと言う輩がいるということ。

自分でコントロールできない喫煙は、
病気であることを自覚できないものか。

喫煙者の病識のなさは絶望的だ。

しかし、なし崩しは起きても、いまだ販売禁止は継続している。

販売禁止だけは死守してほしい。

早く日本でも販売禁止に追い込みたい。

The Tobacco Control Act of Bhutan (Dzongkha: འབྲུག་གི་ཏམ་ཁུ་དམ་འཛིན་བཅའ་ཁྲིམས་ཅན་མ་; Wylie: ‘Drug-gi tam-khu dam-‘dzin bca’-khrims can-ma) was enacted by parliament on 16 June 2010. It regulates tobacco and tobacco products, banning the cultivation, harvesting, production, and sale of tobacco and tobacco products in Bhutan. The act also mandates that the government of Bhutan provide counselling and treatment to facilitate tobacco cessation. Premised on the physical health and well being of the Bhutanese people – important elements of Gross National Happiness – the Tobacco Control Act recognizes the harmful effects of tobacco consumption and exposure to tobacco smoke on both spiritual and social health.

Long before the enactment of the Tobacco Control Act, Bhutan’s government had struggled against tobacco use. In 1916, the first King of Bhutan Ugyen Wangchuck promulgated a ban on the “most filthy and noxious herb, called tobacco.” The modern Tobacco Control Act, however, led to controversy because of its harsh penalties. In January 2012, Parliament passed urgent amendments with the effect of greatly increasing permissible amounts of tobacco and reducing penalties, although sale and distribution remain prohibited.

まとめ

世界のタバコ関連法令を見てみた。

調べた先進国では、どの国も規制一辺倒だった。

唯一タバコビジネスの法律があるのが日本だ。

なんとみじめなことか。

なんと情けないことか。

絶望的だが、しかし、絶望はしない。

一刻も早くタバコのない国に近づけるべく、
ブータンに続いてタバコ販売禁止の禁煙国家にするべく、
小さなことからコツコツやっていきたい。